647チベット体操 お腹ポヨンでも姿勢を良くするとこうなります

2022年04月27日カテゴリ名:日々の暮らしの中で / ツイキャスラジオ放送 / チベラジ挨拶


こんにちは

縮んでいるところを伸ばす

それだけで随分楽になります

それでは 今日もいってみましょう

*******************************************************************************
647チベット体操 お腹ポヨンでも姿勢を良くするとこうなります
*******************************************************************************
昨日朝、少し時間があったので写真を撮りました

それが今朝の写真です

数年前にも撮ったことがるのですが

今回は今やろうとしている

姿勢を良くしようとしている

途中経過の写真という感じで撮ったんです

お腹なんて ポヨンポヨンです

まずは

いつものように 足の指を持ち上げて

踵と指の付け根で立ちます

その後指を下ろして 指の裏側で床を感じて

胸を張って 息を吐きながら

お腹を凹ませていきます

最後にコホンコホンを入れて

硬い処を出します

その時の写真です

ですから 誰でもこのような写真は撮れます

縮んでいたお腹を 伸ばしただけの写真なんですよ

大事なのは

そのコホンコホンで出てきた硬い部分を

そのままホールドする

維持させておくことが大事なんです

硬い部分を維持させながら息を吸うと

お腹を膨らめすぎると

硬い部分は無くなるんです

ですから

これ以上膨らませると無くなる前に

息を胸に入れていくんです

息を吐く時には

硬い部分は維持されて出ているはずですが

お腹を凹ませていって コホンコホンを入れて

硬い部分の再確認をするんです

それを

立った状態

あるいは

座った状態で意識してできるようにすればいいんです

硬い部分を出したまま立つ

あるいは

座ろうとすると

胸を張って肩が後ろに下がり

姿勢も良くなって

腹筋をいつも使っていることになります

それが当たり前の状態にすれば

お腹はいつも凹んだ状態になります

コホンコホンの状態まで

お腹は変化をします

昨夜の夜の放送は

延長ができませんでしたが

延長ができる時には

この姿勢を良くする呼吸

毎回お伝えをしたいと思っています

楽しみにしていていくださいね

ですから

この後、体操が始まる前にしっかり立ちますが

そういう意識で立っていただけたらと思います

もう少しで始まります

音楽をお楽しみくださいね

*コホンコホンの表現は石村友見さんの『ゼロトレ』に書かれている言葉を使わせていただきました
ここまでお腹を凹ますんですよ というのを実に分かりやすく説明する事ができます

2022.04.24 6:23
はじめのご挨拶